INSEAD、ObENに関するケーススタディー発表

paipaper.png

世界中の国際大学院ビジネススクールINSEADは、プロジェクトPAIの早期採用社であるObEN Incのケーススタディーを公開しました。ケーススタディー「ObEN PAI:パーソナルAIアバターの世界(ペイウォールの背後)の構築」では、ObENの成果と、人工知能(AI)技術の開発が詳細に述べられています。また、データの権利を保護および維持するためプロジェクトPAIブロックチェーンを導入することによって、ユーザーに権限を与える課題についても説明します。

ObENは、3D仮想アバターの形でパーソナルAI技術を作成するAI企業であり、人間と同じ外観で、同じ声で話し、または行動するように作ることができます。 AI企業はプロジェクトPAIブロックチェーンを採用して、ユーザーが個人データを提供、保護、管理できるようにしました。過去数年にわたり、ObENはエンターテインメントとヘルスケアの分野でいくつかのプロジェクトに関与してきました。どちらの業界でも、プロジェクトPAIブロックチェーンを介してユーザーのデータを保護および維持することが非常に重要であることが判明しました。


INSEADは、さまざまなエグゼクティブ教育プログラムを提供する大学院ビジネススクールです。この機関は、多くの受賞歴のあるケーススタディーを公開しており、ハーバードビジネススクールが公開した事例に次いで2番目に広く使用されているビジネスケースの情報源と見なされています。 1959年に設立されたINSEADは、米国外で設立された最初のインターナショナルビジネススクールでもあり、アジア、中東、ヨーロッパ、北米に拠点を置いています。

プロジェクトPAIの早期採用社について発表されたこの新しいケーススタディーにより、ObENは国際的な領域でより高い評価を得ています。 ObENは、2018年に中国で開催された「上海AIワールドカンファレンス」への参加など、アジア全体で大きな存在感を示しています。

ケーススタディーの詳細については、こちらをご覧ください。